ポルトガルのポルトといえばポートワイン

ポルトガルのポルトといえばポートワイン

こんにちは。
ポルトガルワーキングホリデー中のマイケルです。

現在はポルトガルダ2の都市であるリスボンの北部”ポルト”に滞在中。

そしてこの都市を世界中に有名にさせる代表的な飲み物がポートワインです。

そうポルトははポートワインの生産地なのです!

….と言うとこれには正しくはありません。確かにポートワインが保存されているセラー・インツアーや販売などはポルト地方内ではありますが町はちゃんと他の名を持っています。その町名こそが
ヴィーラノーヴァデガイア

 

違う町とは言えご安心ください。数多くの歴史持つポートワインセラーはポルトから歩いて行ける距離なのです。

ポルト中心街から徒歩10-15分ほど歩けばルイス1世橋に到着できます (上層部分)。
ドウロ川・ポルトとヴィラ・ノヴァ―・デ・ガイアの町並みを渡った先がヴィーラノーヴァデガイアです。
ヴィラ・ノヴァ―・デ・ガイアには多くのワインセラーがあります。その数30以上。

ワインセラーあるのはヴィラ・ノヴァ―・デ・ガイアのドウロ川沿いでルイス1世橋の上層部を渡り下層に行くかポルト側から直接下層部分へと向かう事も出来る。

ワインセラーの多くがワインツアーを行っています。
ワインの試飲、歴史や過程を教えてくれます。
橋を渡ったすぐにインフォメーションセンターがあります。スタッフのおじさんがお勧めしてくれたのは6箇所。
ポートワインテイスティングツアーについては近いうちに。

 

ポルトに来たらポートワインツアーとポートワインを飲みましょう

私の初のポートワインは宿で出会ったドイツ人と飲んだポートワイン
ポルトガルのポルトといえばポートワイン

彼らが行ったワインセラーの“Ferreira”が作っているポートワイン。ボトルのラベルにFerreiraと記載されてます。

サイズとアルコール度

ボトルは通常のワインボトルより太く小さめ、750ml。一般的なワインと同じ量。
今回飲んだのは赤のアルコール度数は20%。手で抜く事が出来るコルクスタイルでした。

香りと味

香りは強めで後味は長く続きます。
ゆっくりと飲む。おいしいですが私には若干強く感じました。

料金

料金は€5.99です。安いです。
もちろんピンからキリまであります。

ポルトガルはお酒も含め物価がヨーロッパにしては安いです

今回飲んだポートワインですが
その場にいたポルトガル人曰く

”おいしいがベストではないな”。では、今回はこのあたりで。