リスボンから日帰りも可能ポルトガル第4の都市セトゥーバルとトロイア半島

リスボンから日帰りも可能ポルトガル第4の都市セトゥーバルとトロイア半島

こんにちは!マイケルです!

6月始めにリスボンに行く予定があり、”せっかく行くなら近くの街も見てみよう”といつも通りの考え。っという事でポルトガル第4の都市セトゥーバルを訪れてみました。

【リスボンからセトゥーバルへ】

リスボンからセトゥーバルはTST社のバスを利用しました。

乗車場所:エスパーニョ広場 (Praça de Espanhaメトロ駅出たところすぐ )
運賃:€4.00
乗車時間:1時間ちょい

リスボンから日帰りも可能ポルトガル第4の都市セトゥーバルとトロイア半島
少し薄暗いPraça de Espanhaメトロ駅

 

駅出たところでチケットを購入する。セトゥーバルへは運転手から直接購入

 

TST社の公式ホームページはこちら

【セトゥーバルに到着】

セトゥーバルのバスターミナル

 

帰りのチケットも運転手から購入

 

まずは宿に向かい荷物を置いて街散策を開始。

この地域で作られたワインをホステルでウエルカムドリンクとして頂いた”Adega D Palmela”甘くておいしいがポートワインのようにアルコール度も高いので飲みすぎには注意が必要。

バスターミナルから南に進むとメイン通りのルイザ・ドディ通り (Av. Luísa Todi )に突き当たる。そのまま真っすぐ突き進めばサド川 (Rio Sado )となる。とりあえずルイザ・ドディ通りを直進してみる。

ルイザ・ドディ通りを突き進む

 

3人の女性像があるあたりで一度通りからセトゥーバルのメイン広場ボカージェ広場 (Praça do Bocage )へ向かった。

広場のサン・ジュリアン教会

 

教会の中や周辺を散歩した後はサド川側に向かう事に。

セトゥーバルの港

 

サド川の向かいのトロイア半島

 

トロイア半島行きフェリーチケット売り場

 

チケット売り場すぐ近くにインフォメーションがあったので街の地図をゲット。見所をいくつか紹介してもらったが….その時点で日曜の夕方

これはポルトでもあることだがポルトガルはドイツやフランスなどに比べれば日曜にもスーパーやお店が多く開いている。しかし日曜と月曜に閉まる店も少なくはない。
セトゥーバルの場合は街のミュージアムや市場が月曜は閉まるという事でこの日曜の夕方からでは見れるものが少ない。お勧めされたサン・フェリペ城も8時頃閉まり明日は入れないという。なので早速そこへ向かう事に!

サン・フェリペ城 (Castelo de São Filipe ) は街の西側にある丘の上にあるお城。チケット売り場近くのインフォメーションから約30・40分と聞き急ぎつつも川沿いをゆっくり進む。

15分程歩いた頃に少し見えた城壁

 

向かっている途中に通ったイルカグループの道、イルカは街のシンボルなのかな?

っと思いきやイカも存在する。1枚目は西側川沿い近く、2枚目は東のルイザ・トディ通りのロータリー前。海が近くなのでここもシーフードメニューが多い。実はイカが街のシンボルか?

少し迷いながらもサン・フェリペ城への坂道を見つけ登ること20分程で頂上に到着。インフォメーション出発してから1時間程でした。

この道でいいのかと思いながら坂道を進む

 

ようやく到着した頃は7時半頃。ゲートにはセキュリティーの男性があと少しで閉まるから急いでねと優しい口調で伝えられた。

入口から道なりに進むとお城前に着く

 

お城内の階段。この先に絶景が

 

お城からのセトゥーバルとサド川

 

お城からのトロイア半島

 

贅沢感溢れるカフェ/レストラン

 

眺めを楽しんだが6月始めと閉まる間際だからか不明だが誰もいなく時間前にお城をあとにした。ハイシーズンになればもう少し賑わうだろう。

川沿いにはレストランが並びまだ明るいが食事を楽しむ観光客 (? )。ポルトガル人は基本夕食の時間は遅めである。カメラ目線でポーズをとるウエイター君。

夕食はスパーで買い物してホステルで調理。携帯の充電やシャワー後は軽く夜の街を歩いてみた。

日中見た教会や街中も違う雰囲気で街灯もすくなく少し暗く感じた。川とは反対側の路地もちょいちょいバーや音楽が聞こえてきたが静かな夜であった。むしろ人が全然歩いていなかった!

セトゥーバル2日目はお昼前のフェリーでトロイア半島へ。昨日見たチケット売り場で往復券を購入。

トロイア半島とセトゥーバルを往復する緑色のフェリー

 

フェリー乗り場前のトロイア半島のマリーナ

 

トロイア半島からのセトゥーバル

 

リゾートチックで大西洋側には背の高いホテルや綺麗に整えられたガーデン、そしてカジノまである。生憎天候は曇りで浜辺にも人は少なかったがボリデーシーズンには良さげでな場所である。

 

トロイア半島には散歩したり浜辺でのんびりしたりなど滞在は3時間程であった。セトゥーバルとトロイア半島の行き来の便は多く夜遅くまで運航している。乗車時間は15分程度。

セトゥーバルに戻ってからは帰りのリスボンの行きのバス時間を確認して時間まで街を散策して時間を潰した。結構カラフルな建物が多くリスボン近く+第4の都市にしては観光客もそこまで多くいるようには見えなかった。

やはりシンボルはイルカかな….