スペイン旅③マドリード編

スペイン旅③マドリード編

こんにちは。
ポルトガルワーキングホリデー中のマイケルです。

マドリードの旅行計画中の方に役立てれば嬉しいです。

マドリードでの行動

  • カウチサーフィングのイベント
  • 無料ウオーキングツアー
  • プラドミュージアム鑑賞
  • ウオーキングツアーで出会ったラトビア人女性と町散策
  • 1人で町散策
  • ウオーキングツアーで出会った人達と偶然再会・食事

まずマドリードでの到着バスターミナルは
エスタシオンスール(南バスターミナル)
7時頃到着。前日に予約したホテルへ向かう。

エスタシオンスールは大きなバスターミナルで乗り場も60番前後ある。地下鉄等の交通機関と直結しているので行先は標識やスタッフに聞くことが出来る。

それにしてもスペインは英語が出来る人が少ない。私の場合は知っているポルトガル語でなんとかコミニケションが取れた。スペイン語とポルトガル語は似ている言葉が多い。

面白い事に、ポルトガル人は結構英語が喋れるので、ポルトに住んでいてレストラン等では英語で話しかけられる。ポルトガル語で話しても英語で返ってくるのが度々。

それに比べてスペイン人は英語が喋れない人が多いようで、見た目関係なく躊躇無しにスペイン語で話しかけてくる。言語を勉強する面ではスペインの方が少し向いている。

話を戻しますが、ホステルには地下鉄で最寄りの駅まで行き、歩いて10分未満、無事到着。お世話になるのはCat’s Hostel Madrid https://catshostel.com/中心街に近いので便利です!

チェックインして部屋に荷物おいて、身支度してカウチサーフィングのイベントへ。

その日開催されていたのはラングエージエックスチェンジ。

30分遅れで到着。まあまあ人数(20人ほど)。担当者が声かけてくれて学びたい言語(英語かスペイン語)を選択してシールを胸に張り、他の人達と話す。

私はスペイン語を選び、ビール飲みながら適当に話しかける。ゲームなども行われたので沢山の人と話すきっかけを作っているとこが他のイベントに比べて良かったなと思った。

 

Cat’s Hostelでは€2で朝食を食べられるので滞在中は連日利用した。朝飯とシャワーを済ませ、11時からのフリーウオーキングツアーに参加。

当然予約も出来るが、私の場合は当日現地でお願いする。
ハイシーズンでない限りほぼほぼ大丈夫。

英語版に参加(スペイン語選択可)してイタリア人のガイドに15人ほど参加。

そこで1人で参加している女性がいたので、話しかけてツアー中は少し話した。他にもカナダ人の老夫婦や、スウェーデン人の中年夫婦とも話し、2時間ほどで終了。

今回のガイドさんは知識はもちろん、とても元気な人でエナジーとパッションがすごかった。高評価。

その後は1人でいた女性(ラトビア人)と昼食とレティロパーク(Parque de El Retiro)を散歩。気に入ったので次の日も行きました。とても広く、散歩やレンタルバイクなどで周るのは最高。観光名所の1つである理由がわかる。
しかも無料です。

5時頃お別れした後に向かったのは、プラド美術館(Museo Nacional del Prado)

{お得場報}
ここは毎日夜の6時~8時は無料で入れる

という事で5時半頃プラド美術館に到着。
”行列になるので早めに行くのをお勧め”と忠告されていたが、それらしきものは見当たらない。
スタッフに聞いて案内された方へ進んで角を曲がると
既に最後尾が見えない程の行列! 私が最後尾に着いてからもどんどん人が来るので列は長くなっていく。

6時になり動き始めた。想像するより全然早く進みます。
6時15分頃にはチケットを渡され20分には中に入れた。

美術館等はあまり行かない私ですが
入る価値あり(無料ですし)
有名な作品が多いのでしょう…とても広く、正直言うと迷路のよう…作品の年数もあちらこちらバラバラに散らばっている気がした。

2時間ではじっくり見るのはまず無理。私のようにさっと見ても2時間はあっというま。

他に訪れた場所としては大聖堂(Cathedral)、王宮(Palacio Real)、メイヤー広場(Plaza Mayor)等。
ウオーキングツアーで気に入った場所をゆっくり見て周る。
マドリードは地下鉄やタクシー等使わなくても徒歩で主な観光名所を周れる
そこは旅行者にとっても優しい所です。

中心街は遅くまで賑わってます。
ショッピングやレストランが至る所にあるので予想していたより全然安全でした。

最終日の夜はラトビア人の女性と待ち合わせをしてサンミゲル市場でご飯を食べる事に。
サンミゲル市場は観光客が多く訪れるフードコートのように沢山のお店が一か所に集まってます。そこに偶然にもカナダ人とスウェーデン人の夫婦もこれから食事と居合わせました。
軽く市場で食べた後は場所を変えレストランで食事。

楽しい時間もあっという間。
バルセロナ行きのバスは深夜1時に出発するので、ウオーキングツアーで出会った人達との素敵な出会いもそこまで。お別れをしてホステルで荷物を回収、バスターミナルのアベニーダ・デ・アメリカ(Avenida de América)へ向かいました。徒歩1時間半。

 

{マイケルお勧め}

多くの観光地で行われているフリーウオーキングツアー(東京や、ポルトにもある)。
無料(チップ制)で行われておりメインの観光所の話や歴史、ただ観光しているだけでは知る事が出来ない裏話等等、行く価値大! “Free walking tour 〇〇”と検索すれば出てくる。
素敵な出会いもあるかも

では今回はここまでです、次回は最終目的地のバルセロナ編です。