ポルトの1年で最も賑やかなお祭り【サン・ジュアン祭】前日編

ポルトの1年で最も賑やかなお祭り【サン・ジュアン祭】前日編

こんにちは!マイケルです!

ワールドカップ2018年ロシア杯。今の所ポルトガルや日本の試合を仕事の休みの日や始まる前などタイミングよく見れていて、強豪国が苦戦している試合が多い今回のワールドカップ。予測が難しく面白い展開も見せてます。

そしてそんなワールドカップ開催中に行われるポルトの1年で最も賑やかなお祭り
それがSão João/サン・ジュアン祭です!
ポルトの1年で最も賑やかなお祭り【サン・ジュアン祭】前日編
サン・ジュアンのサインがあちらこちらに

 

サン・ジュアン祭は聖ジュアンが生まれた日(6月24日)を祝う前日の6月23日から始まる前夜祭です。先週の木曜あたりからアリアドス通りで少しづつ準備が始まり現在はこのように準備完了でしょうか。ポルト周辺でもあちらこちらにサン・ジュアンのサインが目につきます。

アリアドス通りではまたまたステージが

 

ステージの表側。明日はここに動く事出来ない人が押し寄せる

サン・ジュアン際に欠かせないものが3つあると聞きました。その3つが何かというと

① マンジェリコンという植物。ネットで検索してみると奇跡のハーブと出てきました。とにかく効能がいいようです。
② イワシの炭火焼き。以前日本で見た番組でポルトガルでイワシを食べた記憶があると答えた芸能人がいました。まさにその通りで、ポルトガルではイワシの塩焼きが食されます。そしてこのサン・ジュアン際では至る所でイワシの匂いがするらしいです。
③ そして忘れてはいけないのがMartelo=マルテーロです。マルテーロとは下の写真の

そう!ハンマーの事です!Fast Forward(ポルトガル語学学校)に飾られていました。

サン・ジュアン際ではハンマーで頭をたたくのです。
まあハンマーと言ってももちろん本物ではなく、ピコピコハンマーです。
知る知らない関係なく問答無用にピコピコ叩かれるらしいです。この時期に来たばかりの知人はこの事を知らずに夜歩いていたら見知らぬ人たちに叩かれまくった経験をしたらしいです。

過去にはにんにくの花で人の頭を叩いていたらしいですが、いつの間にかピコピコハンマーになったようです。私も無防備では行けないのでこの機会に買おうと思いポルトの街をちょいブラブラ。売っているところは少なくおかしいなと思ってましたが、学校の先生によると当日(6月23日)では出店で販売されているという事で明日購入します!

因みにポルトにあるポルトガル語学学校”Fast Forward Language Institute”についてはこちらを

ポルト出身の人々にはもちろん、周辺の町やリスボンなどからもこの祭りの為にポルトに来ると聞きました。リスボンには6月12日から13日にかけて行われるサント・アントニオ際(聖アントニオの誕生日を祝うお祭り)がありますがポルトのサン・ジュアン際の方が楽しいと聞きます。もしかしたらポルトにいるから…かも知れませんが、話に聞くとサント・アントニオ際はダンスやカーニバルを見て楽しむ形式でサン・ジュアン際は自らが参加するという(ピコピコハンマーで)と楽しみ方が違うようです。

あとわずかで迎えられるサン・ジュアン際の前日(6月22日)のアリアドス通りでは多くの人が既にお祭り騒ぎでピコピコという音があちらこちで聞こえてました。

明日は夕方まで仕事ですが終わり次第準備して知人達と会う予定です。日中から何かしら行われるようなのでどんどん人が増えて行き、夕方頃になれば人混みで会うのも一苦労するのはもう想像が出来ます。このサン・ジュアン際がどんなものかだったことについては次回に書きます。

 

【サン・ジュアン際】当日編に続く