ワールドカップ2018年ロシア杯ポルトガルで観戦

ワールドカップ2018年ロシア杯ポルトガルで観戦
2018年のワールドカップ開幕!

私のワーキングホリデー中に行われるワールドカップ開催地はロシア。2002年、2006年、2010年の3回はニュージーランドで見た。海外生活中に見るワールドカップ4回目はポルトガルのポルトで。という事でポルトではどのようにワールドカップを楽しむのか?

サッカー大国のポルトガル、ポルトガルを代表する世界的なサッカー選手と言えばクリスティアーノ・ロナウドです(マデイラ島出身)。

2018年6月15日の初戦はお隣のスペインと対戦。ポルトガル時間の夕方7時に開始。天気は晴れ、9時頃まで明るく日差しも強いので気温は15度ほどですが寒いとは感じません。時間も天候も、そして曜日も(金曜)楽しく観戦できる条件がそろっている。ワールドカップ期間中はカフェやレストランなどあらゆるところで観戦できる。その中でも野外で大きなスクリーンを構えているのがTorre de Clérigos・クレりゴスの塔の近く。塔を登ればポルトの市内が360度見渡せる夏時期限定に夜の11時まで入場できる(2018年6月中旬~10月7日)。
詳しくはTorre de Clerigosの公式ホームページから

ワールドカップ2018年ロシア杯ポルトガルで観戦
Torre de Clérigos 全長75メートルバロック様式

 

私の位置(写真撮った位置)を振り返るとそこでは期間中ビックスクリーンが置かれている。

このオープンスペースで試合を見る事が出来る。

“Porto”サインも再度ここに戻ってきている。
そして夕方6時頃友達と待ち合わせをして再び同じ場所に来てみるとスクリーン前は人だかり!
母国の試合であり強豪のスペインとの見応えがある試合なのだから。ポルトガル人はスペインにライバル感を頂いている人も少なくない。


試合開始まであと1時間程。スクリーン前は埋め尽くされ活気溢れている。
元々私は知人達とここで見る予定でしたが人が多すぎたので徒歩で5分程の場所にあるAdegaという週末は混みあうバーの前の野外スクリーンで見ました。こちらはまだ空きがあったのでスクリーン前の場所確保出来ました。

試合結果は3-3の引き分け。ポルトガルが始まり早々1点を。点を取った瞬間の皆のテンションはマックスでした。点を取る度に後方から”座れ座れ”と陽気な声が聞こえてくる。スペインに点を取られる度には”あー”という声が響く。知人の1人はスペイン人で1人でガッツポーズをしているアウェイ感(笑)
そして2-3(ポルトガル・スペイン)で迎えた試合終盤、ポルトガルにペナルティーキックが与えられ、そこで出てきたのがクリスティアーノ・ロナウド!
皆がスクリーンに釘付けになり見守る。そしてシュート!ボールはネットに飛び込んだ!
この時の皆のテンションが最高値に達しました!私も含め大騒ぎ!クリスティアーノ・ロナウド選手さすがです!

その後は両国点を取ることが出来ず引き分けに。しかし世界から見たらスペインが勝てなかったと驚く人の方が断然多いのではないかと。
今年のワールドカップはブラジルがスイスと1-1の引き分けやドイツがメキシコに負けるなどなかなか面白い始まりを見せてます。本日(6月19日)は日本の初戦です。相手はコロンビアとなかなかタフな相手です。ポルトガル時間午後1時開始。仕事が2時半から始まるので仕事始まる直前まで知人達とポルトガル戦とは違う場所で見に行くつもりです。

先週の水曜あたりからようやくポルトにも夏が来た!と思わせる気温になりました。昨日は34度の日差しギンギンと少し歩けは首元や腕がひりひり感じました。っという事で今回は室内でお昼しながら試合を見に行きます。今日一緒に見る中にコロンビア人もいるのですが勝負では関係ない。日本が勝ちますように!