スペインのビックイベントの1つ【セビーリャの春祭り】

スペインのビックイベントの1つ【セビーリャの春祭り】

こんにちは!マイケルです!

セビーリャに訪れることを計画しているそこのあなた!春祭りに合わせることを強くお勧めします!

スペイン南部のアンダルシア州の州都”セビーリャ”、呼び方はセビリア・セビージャ・セヴィ―ジャなどの表記を見る事があるが現地の人が言うのに一番近いのはセビーリャとセビージャな気がする。

そんな”セビーリャ”(ここでは”セビーリャ”とします)には見所がいーっぱい!

セビーリャの見どころといえば

■スペイン最大の大聖堂(世界3位)のセビーリャ大聖堂
■映画のロケ地としても有名なスペイン広場(私の一番のお気に入り)
■世界遺産である王宮のアルカサル
■地元人も観光客にも人気の闘牛やフラメンコ

その他にも本当にたくさんあります。

しかし!

せっかく訪れるのであれば、華やかで鮮やかなスペインの国際的有名なイベントの1つ春祭りの時期でしょう!

【4月祭り(Feria de Abril/ フェリア・デ・アブリル)とは】

家畜や農産物の見本市(フェリア)として19世紀中旬に始まった。現在はそういった見本市とではなく市民の集まりの場となり1週間続くイベントである。
当初はセビーリャ中心地で行われていたが、年々人も展示するテントも増加した為、現在は場所を中心地から少し離れたロス・レメディオで行わている。
会場にはカセータという小屋が設置され、ほとんどが会員制である。入場するには会員であるか知人に招待されなければ入場は出来ない。会員制のカセータに入れない人達の為に、一般用も用意されている。

毎年デザインが異なる会場の入り口

スペインのビックイベントの1つ【セビーリャの春祭り】

50メートルはあるというこの入口は遠くからも見える

セビーリャ中心街で見かける馬車を使って外から会場まで来る人や会場内を周る人もいる。

若い騎手達が練習がてら(?)会場を周る。親御さん達らしきが手前に沢山いた。

警察官までも馬に乗って巡回

春祭り時期はカラフルなフラメンコの衣装を着た女性達を会場や街中で見られる。美しい!

フラメンコとは違う民謡舞踊”セビーリャナス”を踊る。

会場内と会員制のカセータ。


カーテンが閉まっている細長いプライベート的なカセータから奥も横にも長い会社関連の大きなカセータまでいろいろ。セキュリティが入口に立っている。

一般用のカセータはがこちら

一緒に周ったセビーリャ出身男性によると、会員制のに比べるとあまり綺麗ではないと。個人的には比べるも何もないので雰囲気が体験出来て満足。

会場内隣には遊園地もある!

     

ドンキーコングの乗り物も。乗り物は知らないが、ドンキーコング懐かしい!

お化け屋敷もある!

 

セビーリャの観光お勧め第1位のスペイン広場につてはこちらの記事を

まとめ

春祭りの時期とは知らず、偶然被った今回の旅行。何とラッキーだったことか!
あまりにも会場内の雰囲気や女性達の綺麗な衣装、気に入りすぎて日中と夜の2度訪れました。いつかは会員制のカセータにも入ってみる。
夜は雨がぽつぽつ降ってましたが初めてのインパクトがあり気になりませんでした。次の日の日中は天気に恵まれ夜に比べると混んでなく、ゆっくり見れました。場所は日中のみで気を付けて歩く必要があある。

普段は通常の道路で、そこ一帯を会場にするのでなかなか広いし、カセータも多い。もし招待されたら道路名と番号、最悪カセータ名だけでもを教えてもらいましょう。

ヒラルダの塔のてっぺんにある”風見像”のサインのカセータ。

春祭りはイースターの日から2週間後と決まっており、2018年は4月15日~4月21日。イースターの日によって毎年日にちが異なるので注意!
因みにセビーリャのイースターがある週(セマナ・サンタ)もビッグイベントである。
次回来るときはセマナ・サンタの週にしようかな。