パシュコア前日の食事会

パシュコア前日の食事会

イースターいえばうさぎやたまごチョコレートを想像する私。
確かにイースターの時期に目にするものではあるが、キリスト教の宗教を強く信仰される方でなくても”そこっ!”とツッコミを入れたくなるのでは。

さて、昨日は久々にイースターを過ごしました。イースターを久々に過ごしたというのは聞こえが変かもしれませんが日本にいる時はそこまでイースターの雰囲気が無かった為、ニュージーランドを去って以来はあまり特別な日には感じていませんでした。2018年はポルトガル式イースター(Páscoa=パシュコア)を楽しみました。

パシュコアの時期は多くの人の祝日でもあるのでポルトの町は多くの観光客で溢れていました。それに便乗して私もお祭り気分♪。あらゆるところで”Boa Páscoa (良いパシュコア=Happy Easter)”と聞こえてくるし私もその週末は口癖にした。生きていいてこの言葉を聞いたのはまだわずかな期間ではあるが、そこそこ自然に言えたと我を褒める。

私のパシュコアは3月31日の夕方、E氏の家での食事会から始まった。

夕方6時に待ち合わせをしてE氏、S氏、M氏と一緒に買い物をした後は調理開始。
本日の食事会で用意されたのは
◆ 塩焼きそば  ◆ 唐揚げ ◆ ポテトフライ ◆ ヤギのチーズ  ◆ サラダ ◆ ご飯
◆ ビール6本 ◆ ワイン4本
◆ チョコレートバニー ◆ デザートドリンクのスムージー

5日前にE氏の家で食事会した時は7名、その時と同じかもしくはより多く食材を買った。絶対多いでしょう!と皆口を揃えて言っていたが、開けてみればほぼ使い切って完食!
後にR氏も来て追加の”Bombay Sapphire”でカクテルを作った。
食べて飲んでの楽しい食事会は2時頃まで続いた。お腹パンパン+お酒でかなり出来上がってしまった私、記憶はしっかりしているので若い頃に比べれば限界もやっと見極められてきた。とは言ってもまたいつか吐くぐらい飲みすぎる日は来るだろう。

家に着いたのは4時前。コップ3杯ほどの水を飲み、就寝。
パシュコアの朝を迎えた私の頭はすこしぼーとしている💫

 

ポルトガルでのパシュコアの日の過ごし方については次回に続く

※トップ写真はパシュコア時期のみに売られるチョコレートバニー。用意するのは必須です!食後に美味しく頂きました。