握手・頬と頬を ポルトガルの挨拶

握手・頬と頬を ポルトガルの挨拶

こんにちは!マイケルです!

ポルトガルでは初対面の人と顔と顔をタッチさせます。

出だしから大袈裟のように書いてしまいましたが、そのまんまです。

 

ポルトガルでのあいさつ

日本では家族でも親しい友人でもあいさつは握手や軽く頭を下げるなど、そこまで他人のスペースに入ることはあまりないですよね。

ポルトガルのあいさつはというと
 ◆男性同士は握手 若い男性達なら肩と肩を
 ◆男性と女性、と女性同士は頬と頬を左右1回ずつ当てます。その時”チュ”という音も付けます。右頬からです(これは大事!)。

握手・頬と頬を ポルトガルの挨拶

日本ではそんなことをやる習慣は無いので、多くの人は最初戸惑うのでは?映画やテレビで見ているのと自分でやるのは違いますからね。
今になっては自然に出来ている私ですが初めのころは少し抵抗がありました。本当に唇が触れているわけではないですが、初対面の女性の顔が私の顔にあたっている。まあ悪い気は全くしませんが。

ここで少しニュージーランドネタになります。

ニュージーランドでは握手・ハグ・右頬に1回(男性同士はしない)という挨拶があります。1回というとこがポルトガルとは違います。


マオリ族は鼻と鼻をタッチさせる挨拶があります。
向こうで生活していた為、ハグには抵抗はありません。しかし頬にあてる挨拶は正直に言うと、避けていました。もしかすると

私が1回やりかけたのは、相手の右行くべきところを左に行ってしまったので、本当のキス寸前になってしまいました。

 

っといったハプニングがあったせいなのか、頬と頬のあいさつは慣れていませんでした。

しかしポルトガルでは初対面の相手にも、道端で偶然出会った友達にも、友達の友達にも、どこでもします。ポルトガル人とってはこれが人生常にやってきたことなのです。

なのでポルトガルにいる私がそれをしないでどうする

現地の人ほどスムーズに出来てない場面もありますが、特に初対面の相手の場合はすべきなのか迷います。相手もこっちの心中を悟ってなのか、私がアジア人だからなのか一瞬間が出来ることがあります。

でも!一番の迷う相手は日本人です。ポルトガル出身の日本人ではなく、日本育ちの日本人です。
ポルトガル人が日本人にしているのは見ますし、私もポルトガル人にします。しかし日本人とはあまりやっていないです。稀にすることもありますが、個人的に何か微妙な空気になるように感じます。

では、今回はこのあたりで。