カウチサーフィングでポルトガルアルガルヴェ地方とスペインアンダルシアの旅

カウチサーフィングでポルトガルアルガルヴェ地方とスペインアンダルシアの旅

こんにちは!マイケルです!

ポルトガル南部のアルガルヴェ地方とスペインのアンダルシア州の旅。綺麗なビーチと広大な自然、溢れる情熱と異なる宗教のデザインが混合した建築物、何度行っても飽きることは無いだろう。惚れた!

旅の楽しみとしてポルトガルに来てから始めたカウチサーフィング

カウチサーフィングと私のカウチサーフィング経験委ついてはこちらを確認

去年訪れたアルガルベ地方ではファーロ西のラーゴスやサグラスを見た、今回はファーロから東のタヴィラやヴィラ・レアル・サント・アントニオ。アンダルシア州で訪れた町は州都のセビーリャ。

ファロの町はイギリスやアイルランドなどからの直行便があるアルガルヴェの玄関口。ここからバスや列車でユーラシア大陸の南西の町サグレスや橋を渡ればスペインという川沿いの町ヴィラ・レアル・サント・アントニオ(この先はV.R.S.Aと省略)など何処へ行くにもここは通過点になる。美しいビーチや温かい気候を求め各国からバカンスを過ごしに人々はアルガルベを訪れる。アルガルヴェ地方全体がリゾート地である。

カウチサーフィングホストの家で宿泊したのはV.RS.Aとセビーリャ。

カウチサーフィングでポルトガルアルガルヴェ地方とスペインアンダルシアの旅

朝早くポルト空港を出発してファロへ。ファロを少し散歩した後は列車でタヴィラへ。タヴィラは小さな町ではあるが綺麗な街並みや橋が魅力的だ、ちょくちょく立ち止まってシャッターを押す(携帯のカメラ)。

V.R.S.Aに到着したのは午後5時頃、日が沈むまであと3時間はある4月中旬。
駅すぐ近くのスナックバーでビールを楽しむカウチサーフィングホストさんと合流。そこで軽く飲み、荷物を家に置いてさらに違うバーで飲む。会ってほんのわずかで知り合い人達を多く紹介してくれた、小さな町で人口も少ないので行くところも限られている。のんびりした雰囲気や地元人は皆が知り合いといった感じは沖縄の離島やクラストチャーチを思い出させる。

次から次とビールが

ホストの奥さんや子供とも会い、そして友達夫婦と家でご飯を食べ、お酒も大分飲んだのでカウチに横になって気づいたら朝だった。午前中に周辺をドライブしてもらったがアルガルヴェがリゾート地になる理由が身をもって実感した。
果てしなく続くビーチ、アルガルヴェ地方独特な建物、高台から眺められる広大な大地!可能であれば夏をずっとここで過ごしたいものだ。いつかきっと….

ホストとお別れしてV.R.S.Aからフェリーでスペイン入り。アヤモンテという町だ。目でも見える距離を渡っただけで1時間時差があるので時計の時間を変えることを忘れずに。言葉もポルトガル語からスペイン語に。無料の動物園にはライオンやトラ、ダチョウやトナカイ、サルやクマまでいる。フェリー乗り場から少し歩けばバスターミナルもあるので移動も便利。

アヤモンテからセビーリャまでは3時間程。セビーリャのメインバスターミナル”Plaza de Armas”. には夜10時頃到着。バスでカウチサーフィングホストさんの家に。その夜は家で一緒にお酒を飲みながらおしゃべりをして就寝。凄い綺麗好きな人で靴は入った所ですぐ脱ぐ、キッチンは綺麗すぎて生活感が感じられない程だった。

次の日もその次の日も朝食作ってくれた。建築物が好きで町を観光案内も含め歩いた際には沢山説明してくれた。イスラム教の建築様式とキリスト教の建築様式が混合したムデハル様式はもちろん、ゴシックや様式も多くあるセビーリャの魅力を話してくれた

ヒラルダの塔からのセビーリャの町

セビーリャはフラメンコの本場の地で各国からフラメンコを学びにこの地に滞在するらしい、日本人の女性も来るらしい。そんなフラメンコ本場の地でショーを見れたことは感激である。セビーリャの世界で3番目に大きい大聖堂内を見たり、ヒラルダの塔を登ったり、スターウオーズのロケ地 “Plaza de Espana”を歩いたり、他にも多くの教会や橋、闘牛場などで見どころ満載の場所だ。

お気に入りの場所になったスペイン広場

しかも!丁度訪れた時期が偶然4月祭り(Feria de Abril)の時期と重なり、ヒターナというアンダルシアの美しい衣装を着飾った女性達は見入ってしまう程美しかった。

入り口前で撮らさせてくれたセビーリャの女性達

この1週間続く4月祭りの他にイースターも盛大に祝われるという事で是非また来たい場所です。セビーリャの夏は40度以上になるという事で25度前後の4月に訪れるのがイベントなどもあるのでお勧めだ。

新たな2名のホストさんの家でお世話になった今回の旅。ヴィラ・レアル・サント・アントニオでは地元の人達の心の温かさに感動した。セビーリャでは観光案内やお勧めの場所やお互いの旅の話・経験を共有出来て新たなインスピレーションを頂いた。私もいつか自分の場所を持てたときはホストになるのが楽しみだ。