壊れた傘はごみ箱に?ポルトガル人は雨の日に

壊れた傘はごみ箱に?ポルトガル人は雨の日に

携帯に入っている天気予報のアプリを見ると、2月後半からずっと雨サイン。ずっと!とは大袈裟ではありますが、85%ぐらい?もちろん計算をしたわけではないが、そんなとこだろう。

これが平均なのかどうか判断できない私は他の人に質問する。
返ってくる答えが人によってバラバラ。まあいっか、とりあえず冬は雨が多い!

毎日もう少しだろうと思いながら、天気予報画面をスコールダウンしても目に入るのは雨サイン😨

そんなポルトガルで私はある事に驚かされた。それは

多くの人が傘を持ち歩いている

そんなの当たり前だろう~と思う方、理由があります。

ニュージーランドで生活をし始めた年、私は度々雨に濡れカバンの中までびしょびしょになったもの。
そんな7月8月と雨が多いニュージーランド、傘を使っている人をあまり見かけない。

学生時代、雨の日の休憩時間は図書館で過ごしたり木や屋根の下で過ごしたものです。水色のユニフォームだったので濡れればすぐにわかる。

そういった環境で長年過ごした為、私も傘を使う事はなくなった。
日本では雨の日ほとんどの人が傘を持って出かけるだろう。それは百も承知、なので傘を使わない私は”海外戻りだからね~”と他の人に言われたほどです。そこで私は気づきました”そうか日本では外国人は傘使わないというイメージがあるのか”と納得していた。きっとそのイメージはアメリカかな(ニュージーランドも)。それが違うよ~とはポルトガルで気づきました。

ポルトガルも同じだろう(傘使わないだろう)と思いきや、それがどうしたものか?雨降っていればもちろん、雨が降りそうな日は皆傘を手にしているではないか。なぬ~でした😱 そんなショック受ける事ではないが

フード付きのジャケットで雨をしのぐ私の周りは皆傘をさしている。年配の方だろうが、学生の若い子達だろうが、性別も関係なくみんなだ。傘を使ってないほうが圧倒的に少ない。

雨だけではなく、併せて風が強い日のコンビネーションでも頑張って傘をさしている。そんな事もあり、ちょくちょく折れた傘がごみ箱に捨てられてたり、その辺で転がっているのを見かける。

壊れた傘はごみ箱に?ポルトガル人は雨の日に
そうまさにこんな感じ

 

ポルトガルが昔からこうだったのかは不明だ。もしかしたら私がニュージーランドに住み始めた15年前は違かったかも。そしてもしかしたらニュージーランドでは今は傘を使う事が一般的になっているかも。今度行って見てこよう。

数年前は自撮り棒を使っているのは日本人や中国人といったアジア人だけだったろう。しかし今は白人や黒人も使う。アジア人が早かったのだ(作ったのはアジアの国?)。最初は笑っていた人もその良さに後々気づき今では使用しているのでは。
私が言いたいのは、アジア人が傘を流行らした?

さっすがにそれはないか~

因みに自撮り棒は韓国は発祥らしいです。